苫小牧 遊漁船 (釣り船) タマリスク 勇払マリーナ出航!!


2018年11月18日釣果情報

11月18日、今日はカレイ五目で出港しました。金曜日、土曜日と天気条件悪いので出港見合わせていました。大型真ガレイは勿論、ボートロックなどもいろんな諸条件揃う事が大事です。大荒れというわけではないのですから当然出港しようと思えば出来ます!しかし、ただ出港出来る事と、船長の目指す楽しく良い釣りをご案内するという事は全く意味合いが違います。今日も船長の差し出がましい申し出により順延された方もたくさんいます。本日参加のメンバーには諸条件良くないので、ひょっとしたら五目メインになるかもしれないと伝えた上で有志だけでの出港になりました。出港して間もなく大型真ガレイを狙うには最悪の風浪となって(笑)、結果的には案の定ガヤを中心の五目釣り!真ガレイは船中数枚。25㎝~30㎝のガヤ1人25本~50本にソイ、サバ、ウスメバル、ソウハチ、ドンコなど。やや個人差も見受けられましたが概ね入れ食いで、これはこれで楽しい釣りになりました。ボートロックも土日満員御礼で予定していました。どうしても出れと言われれば出れます。船も沈みません(笑)!しかし打つところが極端に限定的で釣果も伸びず、冷たい風がびゅーびゅーと吹きつけるのは容易に想像出来る訳で…出たい気持ちは良く分かりますが悪しからず!明日からまた天候崩れるようですので、また次回楽しく良い釣りご案内出来るよう頑張ります!!



























2018年11月15日釣果情報

11月15日、カレイ五目で出港しました。まずは例によってソイから狙います。連続して釣る人もいれば一回のアタリも無い人もいて、仕掛けやエサなどで大きく個人差が出ました。ここ何日かの傾向としてソイはあまり食いが良くないので、竿頭が8本釣ったところで真ガレイに専念する事に。昨日より潮と風の相性悪く釣りづらいのですが、真ガレイは概ね順調に良く釣れて各自小真ガレイも何枚か混じったようですが、30㎝前後から最大45㎝までが1人20枚~32枚の釣果あって、前半のソイをうまく手中にした人は真ガレイと合わせてすごく良い釣りになりました。他にはソイ30㎝~50㎝が1人0本~8本、ガヤ、サメ、サバ、ソウハチ、ババガレイなどでした。コンスタントに釣れているのですが型の良さは個人差が大きく出て、今回は仕掛けよりもブランクで釣果に開きが出ています。柔らかいロッドはやり取りをするには面白味もありますが、やはり潮が早かったり風が強く船が流れる時は、錘をしっかりと担保出来るブランクを選ばれると釣果アップすると思います。真ガレイ、ますます最盛期に入ってまいりました!今日も良型多く揃っています。たくさんのご予約お待ちしております!!



























2018年11月14日釣果情報

11月14日、今日もカレイ五目で出港しました。まずソイから狙ってみますが、昨日は浮いた反応が相応に出ていたのですが今日に限っては全く反応がありません。釣れてきても底から1匹ずつの厳しい展開で、竿頭が4本釣ったところで五目を終了して真ガレイに専念する事にしました。真ガレイはやや個人差もありますが概ね良く釣れて、各自小真ガレイも数枚混じったようですが、大半が30㎝を超えてきて40㎝超えも船中15枚ほどありました。28㎝~47㎝の真ガレイが1人15枚~42枚、50㎝の石ガレイが船中3枚、他にソウハチ、ガヤ、ソイ、クロガシラなどでした。今日は終日強風が吹いて操船に専念していたのでキャビンから出れず写真も少ないです。明日も風強いようですが出港予定です。楽しく良い釣りご案内出来るよう頑張ります!!

















2018年11月13日(午後)釣果情報

11月13日、午後はボートロックで出港しました。午前と同じく潮が早い上に濁りもキツいです。平日という事もあって乗船人員も少なく情報量も限りがあって手探りの釣りとなりました。アタリも散発ですが出れば良型なので辛抱して釣りを続けます。後半、日が落ちてからは誰かしらにアタリがくるようになりましたが、いつもの勢いは感じられずちょっと中途半端な1日となりました。長いシーズンの中にはこのような日もあるのかもしれません。25㎝~45㎝のソイが1人3本~10本、ガヤ小型~30㎝多数、アブラコ35㎝~43㎝が船中10本。年内まだまだ大物狙えます。またチャンスあれば遊びに来てください。

















2018年11月13日(午前)釣果情報

11月13日、吹いていた風もようやく治まって今日の午前は勇躍カレイ五目で出港してみました。現地についてびっくりしたのはまず潮の早さ、そして水の濁りです。何となく嫌なムードが漂いますが、案の定反応はあるものの食いは悪いです。今日のソイ類は極端に個人差が出てオオナゴ仕掛けやインチクだけにしか反応を示さず、ダブル、トリプルで釣れる人もいれば1度もアタリの無い人もいました。丹念にやり込んでいきますが状況は変わらず。竿頭が8本釣ったところで前半を折り返し、後半戦の真ガレイに勝負を掛けます。真ガレイはやや個人差がありますが全体的には良く釣れて、小真ガレイも1人2、3枚混じりましたが概ね30㎝からのサイズが釣れて35㎝前後が良く目立ち、30㎝~46㎝が1人10枚~35枚、ソウハチ17㎝~30㎝多数と誰かしらにひっきりなしにアタリが続いてハイシーズン継続中です。前半戦でソイをある程度釣り貯めた人は後半の真ガレイと合わせてバランスの取れた良い釣果になりました。明日も出港予定です。まずは楽しく良い釣りご案内出来るよう頑張ります!!































2018年11月8日釣果情報

11月8日、昨日、今日と天候悪く出港中止です。明日から週末にかけても天候思わしくないので出港出来ないかも知れません。真ガレイ、五目、ボートロックと出れれば良い釣果が望めるだけに残念です。今回は名古屋のジグメーカー「BOZLES(ボーズレス)」さんの開発商品を少し紹介させて頂きたいと思います。去る10月31日、BOZLESの商品営業担当の加藤さんが見えられて、自社開発商品が北海道のフィールドへ如何にマッチングしているかを熱く語られ(笑)、実際に結果を出すべく船でデモ商品を使って釣行テストをしてもらえないかとの提案がありました。BOZLESさんのジグの最大の特徴は素材にタングステンを使用しているという処です。BOZLESさんの経営母体が航空機部品製造メーカーの和田製作所さんという事もあって、タングステンの加工技術は確かなもの!手に取って商品を見ると、左右非対称なシルエットに加えてその重量のバランス配分など、ジグ本来の動きを中心視している印象を受けました。という事は、あまりジギングをやった事が無い人でもフォールあるいはリトリーブするだけで魅力的な動きを演出できるようにも思います。会社のネーミング通りのボーズレス!大いに期待できるように思いました。早く紹介しようと思いましたが、出港が続いていてこのタイミングになってしまいました。今日早速、デモ商品が届いたので順次試していきたいと思います。


深場用の重いモデル。300gでも名刺よりちょっと長いだけ。
タングステンならではの大きさです。








色んな形のジグがありました。
ネーミングも名古屋らしく織田信長など戦国武将に因んで
NOBUNAGAやCHACHA、TOKICHIROにIEYASUなど
大活躍してくれそうな感じです。
関係ありませんが我が家の愛犬はRETUKUNです(笑)。

BOZLESさんの会社概要や商品の詳細はこちらをご覧下さい。
BOZLESホームページ

2018年11月6日釣果情報

11月6日、カレイ五目で出港しました。五目釣りから始めますが潮が早くて大変でした。真ダラ、ヤナギノマイ、黒ソイ、真ゾイ、ガヤ、ドンコ、サバ、そして1mを超えるサメのおまけも付いて前半を折り返ししました。後半戦の真ガレイも潮は早い上に個人差もありますが概ね順調に釣れ上がって、27㎝~43㎝が1人10枚~25枚。35㎝前後が良く目立って前半の五目の釣果と合わせて旬の食材揃いました。ソウハチ17㎝~25㎝も多数釣れました。潮が早くじっくり攻められませんでしたが、また次回大型真ガレイ頑張って狙ってみたいと思います。たくさんのご予約お待ちしております!!































2018年11月5日(午前午後)釣果情報

11月5日、今日の午前はカレイ五目、午後はボートロックで出港しました。まずはソイ釣りから始めますが、反応の割には食い込み悪くバラシも多数です。タイラバやインチクには連続してアタリが出ますが全体的には貧果で前半折り返しました。後半の真ガレイはやや個人差もありますが順調に釣れ上がって、27㎝~48㎝が1人12枚~32枚、小型~30㎝のガヤ多数、石ガレイ51㎝、ソイ、アブラコ、カジカ、ソウハチなどの釣果ありました。真ガレイは32㎝~40㎝前後が良く目立って、50㎝には2㎝足りませんが48㎝の大物も出てこれからが益々楽しみです。午後のボートロックは昨日に引き続き風向き悪く意中の場所は打てずじまい。アブラコの50㎝は出たもののソイは40㎝強が最大でもう一伸び欲しい感じです。27㎝~42㎝のソイが1人10本~20本、25㎝~30㎝のガヤが船中20本、アブラコ37㎝~50㎝が船中12本で終わりました。明日も出港予定です。楽しく良い釣りご案内出来るよう頑張ります!!































2018年11月4日(午前午後)釣果情報

11月4日、今日の午前は五目釣りで出港しました。狙いはサケ!なんですが、今日は跳ねがありません(笑)。風浪悪くカレイの釣果は望めそうにないので支度はしてません。サケの回遊を待ちながらソイやガヤなどを釣って跳ねを探したりもしますが、そうこうしているうちに風浪強まって早上がりです。ガヤ25㎝~35㎝が1人1本~20本、ソイ、アブラコ、カジカ、ウスメバル、ヤナギノマイなどでした。釣果が伸びなかった人もいましたがまた次回頑張りましょう。午後はボートロックで出港しました。風浪悪く打つところ限定的で前半は辛抱の釣りです。後半に掛けて風浪も治まってきていつも通り釣れ出しますが、風と潮の向き悪く爆釣とまではいかず、誰かしらに釣れてはきますがもう少し勢いが欲しい感じでした。ソイ27㎝~47㎝が1人5本~25本、小型~30㎝のガヤ多数、アブラコ、カジカなどです。明日も出港予定です。楽しく良い釣りご案内出来るよう頑張ります!!



















2018年11月3日(午後)釣果情報

11月3日、午後はボートロックで出港しました。午前と同じく。前日から釣果はもちろん出港も危ぶまれる予報でしたので、予約のお客さんと相談の上、現地解散だろうが早上がりだろうが釣果がどうだろうが、もう何でも良い!という希望者だけでの出港です(笑)。とうとう最後まで釣りをしてしまったのですが、その間何となく風が強まったような気がしたのも一瞬で、とても良い凪でした(笑)。開始間もなくは良い潮もきいていてアブラコやガヤ、ソイがそう間を置かず釣れてきます。この時間帯に51㎝、50㎝と大物ソイが釣れて船中快哉を叫びました。その後潮が落ちてくるにつれ釣果もダウン。いつもの時合と迎える夕まずめからほとんど潮無しで、時折30㎝前後のソイが釣れてくるだけの尻すぼみの残念な展開で終了しました。ボートロックに限らず自然相手の釣りではよくある事なので、また次回頑張って行ってみたいと思います!27㎝~51㎝のソイが1人3本~12本、37㎝~48㎝のアブラコが船中15本、小型~30㎝のガヤ多数、カジカなどの釣果でした。







 



















2018年11月3日(午前)釣果情報

11月3日、午前はカレイ五目で出港してみました。前日の天気予報では釣果はもちろん出港すらも危ぶまれたので予約のお客さんと相談の上、現地解散でも早上がりでも釣果がどうでも良い!メンバーだけでの出港となりました。予想していた通り真ガレイは状況悪く、根物に的を絞って小型から35㎝のガヤが1人4本~30本、嬉しい外道でサケ!、他にソイ、アブラコ、ウスメバル、カジカ、ソウハチ、クロガシラ、石ガレイ、砂ガレイ、真ガレイなど釣れました。船の周囲ではサケの跳ねが頻繁に見られ、1本目が釣れてからは船中みなで今か今かとアタリを待ちますが結局キャッチ出来たのはこの1本だけでした。明日も出港予定です。真ガレイの釣果が悪かったので、狙いはサケ!という事になりました。まずは頑張って行ってみたいと思います!!























 



2018年11月2日(午後)釣果情報

11月2日、午後はボートロックで出港しました。前半はアブラコの大物を狙って、狙い通りに53㎝を筆頭に50超えが5本、40㎝後半は多数と良い物が揃いました。ここ数日の悪天候のおかげで水も濁っていて思ったほどの爆釣ではなかったものの、これだけの釣果があればまずは良い釣りと言って良いでしょう。日が落ちてからはソイを狙って、27㎝~45㎝が1人2本~20本。アブラコ、ソイ共に50㎝以上を目指していたのですが、両方揃うのは次回に持ち越しとなりました。水温も下がって益々大物の気配濃厚となっております。たくさんのご予約お待ちしております!!































2018年11月2日(午前)釣果情報

11月2日、吹いていた風もようやく治まって午前はカレイ五目で出港してみました。後半、潮が強烈に強くなる直前に良い時合を迎えて40㎝前後が連続して釣れ出し、このタイミングで真ガレイ47㎝や石ガレイ50㎝の大物も出ました。びっくりするくらい潮が早いのでタックルバランスやラインシステムで船中大きく差が出ましたが、真ガレイ28㎝~47㎝が1人3枚~40枚、石ガレイ50㎝、ソイ45㎝、ババガレイ、ガヤ、アブラコ、ソウハチ、クロガシラなどの釣果ありました。とてつもなく潮が早いのにこれだけの釣果があるところを見ると魚影は相応に濃いのだろうと思います。次回は50㎝目指して頑張りたいと思います。たくさんのご予約お待ちしております!!































ページの先頭へ